■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
靖国参拝について
言葉足らずだったので、もう少し詳しく書きます。

>首相の靖国参拝、「人民感情に傷」 中国共産党幹部朝日新聞

先程の記事で書きましたように、私は参拝に賛成です。

長くなったので目次(?)を

1,初めに、方向性の確認
2,日本が果たすべきこと、中国の矛盾
3,靖国参拝の問題は何か
4,最後に


1,初めに、方向性の確認
旧日本軍がしたことは劣悪なことかもしれません。
しかし、今となっては、事実はあまり分かりません。
ただ、「戦争」ということをしたのは確かです。

旧日本軍がどんなことをしたにしろ、それは何故やったのか。これが大切です。
それは、旧日本政府の為に行軍し、多くの命を殺め、そして死んでいったのです。
この行為は戦時中であれ、悪いことには違いありません。

しかしそれを償わなければならないのは、死んだ人ではなくて、今の新日本政府です。
そして、悲劇を乗り越え、国を再建し、賠償も謝罪もしてきました。
義捐金という名目で、中韓に対し、既に6兆(ドル?)円ものお金を払っているそうです。
次章でそれについて私の考えを述べます。


2,日本が果たすべきこと、中国の矛盾
まず、名義上のことを。
名義上も、サンフランシスコ平和条約を締結し、中国とは、日中友好条約を締結し、日中共同声明も出しています。
韓国とも日韓基本条約を結んでいますが、これは中国との話なのでまた。

日中友好条約の全容は知りませんが、こんな記述があります。
『両締約国は、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉・・・』
他にも多くの記述があり、現在の中国の姿勢と多くの矛盾が見られるそうですが、今の私には多くは分かりません。
しかし手元の資料には上記のようにありました。

"内政への不干渉"

果たして今の中国はどうでしょう。

また日中共同声明には
『2.日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し,深く反省する』
とあります。

名義上は何の問題もありません。

そして大切な行動。
日本政府は過去に首相が謝罪をしたことがあるそうです。(資料等は今ありません。すみません)
そして、賠償金も十分に支払っていますし、義援金という名の賠償金も払い続けています。

なにが問題なんでしょう?


3,靖国参拝の問題は何か
これがはっきりと私には分からないのです。
中国は何に対して怒っているのでしょう。

小泉首相が靖国参拝をする目的は、もちろん戦争で命を落とした人の追悼です。
それは道徳上、あたりまえのことです。

では何が問題か。

靖国に眠る人の中に戦犯がいることでしょうか。
政治上、または感情的に何か問題があるのでしょうか?

死んだ人に罪はあるのでしょうか?
宗教的な話じゃなくて、道徳的にです。

まず、兵士にはどんな罪があったか。
戦時中とはいえ、一般市民を巻き込んでの戦闘、虐殺を行ったこと。
それは誰の意思でしょう。
旧日本政府です。
兵士が突発的にしたこともありましょう。
しかし、それが起こったのは日本が進軍した結果です。
兵士はただ戦わされていただけで、罪などありえません。

軍事的な命令を出したものに罪が行きます。
それが戦犯な訳です。

では戦犯が追悼されてはいけない理由はあるでしょうか。
あるはずはないのです。

戦争をしたのは日本です。
それによって、中国側に被害をだし、同様に日本にも被害を出したのです。
償うべきは日本です。

そして、日本は十分な対応を中国に対してしてきました。
そして靖国に眠る旧日本軍を追悼しているのです。

何が問題なのでしょう?

先程の戦犯ですが、彼らも兵士同様、当時の日本の為に命令を下したのですから、そこで死んだ後に日本から追悼しないというのは道徳的に問題がありすぎます。
参拝して普通です。
それに対して起こっている中国の気持ちが理解できません。


こうなるともう、「日本が気に入らない」とか「賠償金が欲しい」とかしか考えが残らないのです。


4,最後に
はっきり言って、今の中国は迷惑極まりないです。
日本の姿勢にも問題ありですが、中国側のほうが抱える問題は圧倒的に多いです。

中国の発言は無視するのが一番良い対処ですが、国際的に無視というのは難しいのです。
中国が今の状況は見苦しいと理解してくれれば良いんですが、無理ですね。

政治体制に問題があるようで、思想統一まがいのことをしています。

国として、どうかと思う国ですし、国交も閉ざしてかまわないと思いますが、ここは詳しくありません。
やはり、友好的な台湾や、東南アジア諸国との国交を拡大したほうが良いと思うんですが、どうなんでしょう。

今までも散々、日本に対して文句を言ってきた中国ですが、流石に今回の発言にはうんざりしました。
大日本帝国時代なら、宣戦布告していてもおかしくない状態です。

日本は変わりすぎました。
もっと高い姿勢で外交に望めないものでしょうか?
今の中国には良識を期待するだけ無駄です。
日本が変わりましょう。
力ではなく、他の方法で。

第九条を改正し"日本軍"を持ったら、21世紀中に戦争が起こりそうな気がします。
それだけはいけません。
旧日本は確かに過ちだったはずです。

平和的解決が必ずしも、友好的なものとは限りません。
他力本願になりがちですが、欧米、東南アジア、の国々は日本側に見方してくれるはずです。
日中間の問題でなく、国際での問題にしてもそれはかまわないと思います。
ただ、それだと戦争という選択肢が現れます。

それを回避しつつ、高姿勢な日本となってもらいたいです。

長文失礼
では
スポンサーサイト
ニュース | 06:18:31 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
あなたエゴを言ってるだけだと私は、思います。 

あと…感じ間違えてますよ☆
2006-08-16 水 16:58:45 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。