■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お買い物♪
さあさあ、今日は久しぶりにパーツを買って来ました。


何を買ったかというとソケ370の中古CPU。
しかも片方はジャンク扱い。

しかしいい買い物しました。
異常に安かった(と思う)のでジャンクのほうは意味無いけど買ったので、さらに金欠スパイラルに陥りました。

購入したもの
PentiumⅢ 1GHZ Coppermineコア FSB133 L2 256KB 中古 2500円
Celeron 1.1A Tualatinコア FSB100 L2 256KB ジャンク 1500円

なんでこんなに安い!!と思って買ってしまいました。
ちなみに新品でTualatinコアのPentiumⅢ 1.3GHZもあったんですが、7000円超えだったのでやめたのは内緒です。

というかPentiumⅢの1GHZなら河童でも価値はあります。
確かにPentiumⅢ-Sよりはかなり劣りますが、無印Tualatinとほぼ同性能です。
ちなみに相場は通販のサイトでしか知らないので、秋葉とかにはもっと安かったりするかもしれません。

しかし見つけていたPentiumⅢ 1GHZ 河童コアは10000円超えでしたので、安いとは思います。

いつかTualatinコアのPentiumⅢ-SのDualCoreのサーバー組みたいです。

とりあえず、Celeron1.1Aをサブマシンに取り付けて起動。
真っ暗。
あせりました。

まあ、中古ママンだったのでTualatinに対応してないのかもと思って、河童Pentium取り付けなおし。
起動。
真っ暗&プーーー
流石に困りました。

といっても恐らくメモリの相性が出たんだろうと、128MBのメモリはずしたらあっさり起動。
慣れたもんです。
慣れちゃいけません。

FSB133に交換に伴って、SDRAMのほうも全てPC133に付け替えたのでまあ普通でしょう。
384MBメモリつむ予定が256MBになってしまいました。
Windows2000なんで問題ないんですが解析時間に影響でるかな・・?

ちなみにSuperπの104万桁の結果。
河童Celeron667MHZ 4分01秒
鱈Celeron1.1A 計測せず
河童Pentium1.0GHZ 2分29秒

こんなもんなんでしょうか。
Athlon64 3700+は定格で40秒でしたし、OCすれば30秒台も余裕名はずなんで。
PentiumⅢ時代にしたら優秀かな?

改造に伴って、GPUもGeForceMX4400に取替え。
やっとまともなスペックになりました。
24時間稼動のマシンとしてお世話になります。

やはりというか、あたりまえなんですが、Celeron667MHZとPentiumⅢ1.0GHZでは、はっきりと体感できる速度変化です。

鱈対応のM/Bが手に入ったらCeleron1.1Aろ活用しようと思っています。
次組むとしたらAthlon64 X2でDualCoreマシンと思っているんですが、金銭的にもういつになるかわかったもんじゃありません。

これで十分と思っていれば幸せですよ。

で、Celeronがいい感じに余ってきたので、let'snoteにつけて遊んでみようかと思っています。

所持セレリスト
Slot1 Celeron300A    ←論外
ソケ370 Celeron330MHZ ←気まぐれで購入、一度も火入れてない
ソケ370 Celeron400MHZ ←let's付属
ソケ370 Celeron667MHZ ←元サブマシン
ソケ370 Celeron1.1A ←今日購入
いい感じに余ってますね・・・

売っても価値ないし、使うにも価値がない。
そんなCeleronですが、遊びには使える・・・はず。

どうやらFSB133稼動させる方法とかなくはないみたいなんで、壊れるまでやって見ます。
667MHZのOCでFA、かな。
1.1Aなら定格でも使えますが鱈コアなんで動くが心配です。

どちらにしろ、熱でノートが逝くと思うんで変わりません。
被害の少ない667で突撃します。


あと新サブマシンの件。

PentiumⅢが手に入ったこともあり、工作を中断しました。
というか、箱は完成し周辺機器も配置完了したんですが、見栄えの悪さと実用のなさでやめました。

実用のなさといいましたが、どれくらいかというとBIOS上がりません。
何が悪かったのか」、通電して終わりでした。
壊したくなかったのでやめて、ジャンクのソケ7ママンなど、もっと熱の心配がないもので試してみます。

通電しただけで熱かったので、やはりAthlonXPはケースなしには向かないと思いました。

当面はPentiumⅢで十分ですし、 鱈対応のママンとケースさえあればもう一台組めるので新サブの件は見送りです。

ということで、では
スポンサーサイト
戯言 | 19:52:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。