■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うむむ
どうしましょう。
現在3:00AM
前の更新をしてから30分後には布団に入りました。
つまり1:00、二時間前です。

一睡もできないとはどうしたものでしょう。
昼夜逆転は直したいんですがね・・・

とりあえず寝ない方向で、今日一日寝ずに、そしたら明日になるころには眠れるでしょう。

これだけだと更新した意味がないので、何か書きます。


といっても書くことなんてないんですが。

あ、MSNのホットメールのアカウント作成したんですが、たいてい秘密の質問ってありますよね。
それにこんな質問があって、思わず考え込んでしまいました。
>「好きな架空の人物」
シンプルな言葉だけにぐっと来ます。

多すぎて決められねぇよwwwwwってことはなく、ちゃんとMybestはいるんですが。
オタクの証でもありますね。
思い入れが強いと擬人化とかじゃなく、本当に3Dにいると脳が思い込むことがあります
普通ですね

さて、この登録は嘘ばっかり書きました。
テスト用なんで本当のこと書くまでもありません。
ネットでプライバシーを守るには本当のことを書いてはいけないとYahooニュースにもありました。

まあそれはどうでもいいんです。
一応タイムゾーンはグリニッジ標準時にしときました。
9時間ずれますね。


と書きながら登録できてるか確認したら何故か出来てませんでした・・・。
国を東ティモールにして県を福井にしたのが悪かったのでしょうか。
とにかく何か不備があったようです。

今度はちゃんとやらないと、と思いながらめんどくさいのでまたです。

あと、今意味もなくパソコンフル稼働にしてみています。
メインパソコンでこれ書いて、ノートパソコンで音楽きいて、サブマシンはつけてるだけ

一応無駄ではありません。
メインマシンですべてやろうと思うと、音楽聴いてるときにシステム音が流れます。
かなり煩わしいんです。
で、サウンドの機能は劣りますがノートパソコンで音楽再生。

本来なら、メインのほうが音質がよく、ノートのほうはIBM ThinkPadということでキータッチが非常にいいので逆なんですが、何故かこれです。


実のない文章ですね。

えっと、楽しみというか醍醐味というかジサカー特有のものを書いてみましょうか。
醍醐味といえば、Athlon64 3700+ 2200MHZ DDR400 1024MBRAM GeForce6600GT 128MB コアクロック500MHZ メモリクロック1000MHZという3Dゲームが最高解像度でサクサクなマシンで、
必要スペック、初代Pentium75MHZ 32MBRAM HDD200MB グラフィック16BitHighColor以上というとんでもない旧2Dの名作ゲームをやることでしょうか。
グラフィックなんてビデオメモリ要求してきません。

・・・そこまで旧型じゃなくとも、最近発売のゲームでも必要スペックがCPUクロック1GHZ以上なんて殆どありません。
少なくとも私は見たこともありません。

もってるゲームで一番重いのがシンフォニック=レインなんですがその必要スペックは
CPU:PentiumⅢ 800MHZ以上
MEM:64MB 128MB以上推奨
HDD:2.5GB
GMEM:8MB以上の外部AGPカード

このスペックならノートパソコンでも満たしています。
でも、やはり快適かといえば、GPUが弱いので音楽パートはかなりやりにくいです。
完全に感覚になります。

それがメインマシンなら、もう涙がでるくらい快適に動くわけです。
譜面が流れていくのなんか、ぶれるどころか、全く形は崩れません。
どんなに重くしても処理落ちなんて以ての外。
NewRoading・・・という表示は一瞬でて消えます。

この過剰なまでの快適さが快感になるんです。
自作の醍醐味です。


あとは突然落ちるとか、定期的にメンテナンスしないとちょっと大変なことになったり。
保障なんてないですからね。


あと一気にかいてしまうと、少しショックだったこと。
SECC付きのPentiumⅡ、かなり使いやすいです。
動作クロック450MHZでFSB100ですが、667MHZでFSB66のCeleronより早いです。

で何がショックだったかというと、ノートに搭載しているCPU PentiumⅢ-M。
物凄い良CPUです。
なんといってもTualatinコア。
今でも通用します。
消費電力はPentiumDの15%
そして二次キャッシュ512KBの大容量。
512KBといえばかなりの大容量です。
FSBが133しかないのが残念ですが(200くらい欲しかった)Intelの中ではPentiumMと並ぶ名CPUだと思っています。

それが、SECC付きPentiumⅡと一次キャッシュ、二次キャッシュともに同じだったんです。
意味もなくショックを受けました。

あと、AMDのCPUはFSBがちょっとありえないくらい高いので、クロック、二次キャッシュともに少なくてもIntelのCPU以上に働きます。


意味もなく長文になって参りました。

CPUには得意不得意があります。
全般的にIntelはエンコと2D描画、AMDはゲームと3D描画といわれていますが、もう少し詳しく。

Intel編  CeleronとPentiumⅢ以外は使ったことないので評判です
Celeronは全般的に全部苦手です。
消費電力は15W~60W程度

PentiumⅢは可もなく不可もなく、消費電力が少ないCPUです。バランスがいいです。
消費電力は15Wから35W程度

Pentium4のNorthWoodはエンコと2D描画がすごい(らしいです。)電気はまあま食います。
消費電力は50W~90W程度

Pentium4のPrescottはNorthWoodを強化してコストパフォーマンスが高くなったCPUです。物凄く早いです。ただ電気食います。
消費電力は100W~130W

CeleronDは良く分かりませんが多分大したことないです。物凄く安いですよ。
消費電力は知りません。

PentiumDは気難しいです。起動激遅、アツアツホカホカ、電気代うなぎ昇り、DualCoreだけどプロセスに問題有り・・・
NorthWoodが二つみたいなのかな?
消費電力は130W~150W  どうやったらそんなに食うんだ・・・

Intelはクロックを中心に上げてきました。
結果、P7時代(PentiumⅢ)は物凄い良品でした。
消費電力は少なくコストパフォーマンスも高い。
しかし、クロックを上げ過ぎると、熱くなり電気も良く食います。
で、最近ちょっと・・・なんです。
次期CPU、YonahとMeronに期待です。


AMD編
Duronは安く組むには最適です。少なくともCeleronよりはましです。
二次キャッシュが極端に少ないですが、エンコや重すぎる作業しない限り快適です。でもエンコしたら軽く泣けます。
30分の動画変換に30時間とか場合によってはかかります。ただ、擬人化スレでは萌えます。
消費電力は20W~70W程度

Athlon無印は残念ながら使ったことがありません。昔のAMDといったらK-6Ⅱに飛んでしまいます。
Duronより高性能という位置づけでしょう。
消費電力もわかりません。

AthlonXPは物凄く早いです。3Dゲームもこれでいけます。(2800+以上)
ただ、電気を恐ろしく食います。そして熱いです。
消費電力は60W~130W この時期はAMDよりIntelが優勢だったわけです

AthlonMPも使ったことありませんが、恐らくXPのプロセスを短くした省電力版のようなものかと。
消費電力は25W~60W程度かと

SempromはDuronの高クロック版でしょうか。可もなく負荷もなしでした。
元はモバイル用です。安いので初心者で安く済ませたい方に最適かな?
消費電力は40W~60W程度

Turion64は使ったことがありません。というか見たこともありません。
私のなかで幻のCPUです。
省電力で高クロック、コストパフォーマンスいいらしいです。
消費電力もよくわかりません。また調べておきます。

Opteronも見たこともありません。
同上で

Athlon64は処理落ちしたの見たことありません。
激しく早く、そして熱くない。私の中で最高です。
XP時代のプロセスの長さが改善され消費電力が大幅に削減された結果、ありえないFSB速度で駆動し最高のパフォーマンスを見せてくれます。
消費電力は80W~120W程度

Athlon64x2はAMDが誇るDualCoreです。
PentiumDよりも断然こっちを薦めます。
フル稼働だと流石に熱いそうですが、普通に使っているときはかなり冷たいそうです。
消費電力はどんなものでしょう?

AMDはIntelと対照的に、FSBを中心に上げてきました。
しかしK7(Athlon)時代はプロセスに問題があり、消費電力も高く、クロックもあまり上がらなかったんです。
しかし、AthlonXPはその問題を残しながらも、高性能に成長しました。
そしてK8(Athlon64、Turion64)がでた今、プロセスの問題は改善され、コストパフォーマンスが一気に高まりました。
AthlonXPはFSB400が最高でしたが64で実にFSB1000を実現したわけです。


なぜCPUの話になったのかは定かではありませんが。
これにて、では
スポンサーサイト
戯言 | 04:54:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。