■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モバイルノートの用途
モバイルに必要なもの。


まあ、普通にバッテリー駆動時間だと思います。
あとは必要十分最低限なスペック、携帯性、耐久度。

私のモバイルノートは、三台。

全てThinkPadですが、T23とX22と240X。

240Xは、バッテリーが死んでいるので、モバイルはできません。
そのため、ACアタプタを常に持ち歩いての使用。
不便ではありますが、愛着があるのでよく使います。
低スペックというのは、理由なしで良さがあります。
というか、SVGAが好きです。

X22は、バッテリも生きていますし、LCDも綺麗、消費電力も低くモバイルには最適です。
12.1インチという、丁度良い大きさでモバイルに使えそうです。
しかし、家庭内で留まっています。
外に持ち出すことは稀です。
理由は、バッテリ駆動時間が3時間程しかないのです。
家庭内では十分ですが、外で残り時間を気にせずに使うにはきついものがあります。
バッテリも弱り気味ですし、家庭内での使用を主としています。

スペックも必要にして十分ですが、やはりパワーはありません。
外で使うには少し力不足なのです。

拡張版Speedstepにより、CPUのクロックが233MHzまで落ちます。
高負荷時に233MHzというのは結構きついです。
しかも、FSBが66MHzまで落ちるのでもう本とにMMX-Pentium+EDOメモリと大差なくなります。
ブラウジング程度なら問題ありませんが、動画再生やFLASHなどの用途で処理落ちしてしまいます。
ですので、家庭内での使用。


そして、T23。
これは、大きいです。
サイズは14.1インチのノートと同じ。
特に薄いというわけでもなく、モバイルにはむかないように思えます。
ただ、消費電力が非常に低く(システム全体で、X22と同等)、2スピンドルなのでX22に比べてやや有利です。

また、バッテリが劣化しているわけでもないので、駆動時間は十分です。
CPUクロックもSpeedstep時666MHzと、必要十分で処理落ちもしません。
X22が超低電圧版PentiumⅢ-Mなのに比べて、T23は普通のPentiumⅢ-Mなので、消費電力は高くなるように思えるのですが、実際に計測してみると、1W程しか差がありません。
2スピンドルなので、拡張バッテリが使えます。

この差は大きく、X22はバッテリ駆動が3~4時間なのに比べて、T23は7~8時間と大きく差が出ます。

T23はバッテリ駆動時間を気にせずに使える上に、性能も十分なので、大きさ的にモバイルには向きませんが、モバイルノートなのです。


モバイルというのは結構いろんな要素が必要で、全て満たすものはなかなか有りません。
まあ、お金を出せばいい話なんですが。

Let'noteなど、正にモバイル専用PCといっても過言ではないでしょう。
というか、Let'snote欲しいです。

とりあえず、PentiumDのシステム一式と、ThinkPad T60を購入してから・・・
十年後くらいでしょうか。

Meron、Conroeの先が見えたころに。
個人的には、Turionガンガレ、超ガンガレです。

最近本当に
自分がAMD儲なんだと気づきました。

その割には、Yonahが欲しかったりPentiumD使ってみたかったりしていますが。

こんな感じで話がそれて来たら、切り時だと思っています。
では
スポンサーサイト
パソコン・デジカメ関連 | 15:50:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。