■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
麻生外相、現状では天皇陛下に靖国参拝は望んでいないと発言
ローゼン大臣こと(違)麻生太郎外相が先日、天皇陛下に靖国神社を参拝を求める発言したことについて、現状では望んでおらず、将来的な課題であると釈明した。

>現状で天皇靖国参拝望まず 麻生氏、将来の課題と釈明

麻生外相は、ローゼンメイデンや漫画云々に関わらず注目しています。

今回は靖国問題に関することです。
この人の言うことは本当に的確だと思います。

先の発言について、

「隣国からの変なわだかまりもなく、政府代表はもちろん陛下も、国のために尊い命を投げ出した方に感謝、敬意を自然に表することができるようにするにはどうすればいいか問題提起を行った」


と言っています。

確かに現在は隣国と "変な" わだかまりを抱えています。
そして、
>敬意を自然に表すことができる
これはとても重要だと思います。

そして、この記事の最後の

「(略)、多くの方々の意見があるから、私一人が『これが答え』と言っても通じる話ではない」


このひと言に尽きるでしょう。
靖国問題は国家としての問題なので、外相と言えど個人で決められることではありませんし、何より国としての総意が大切だと思います。

靖国問題は外相一人の判断で解決すべきことでは絶対にないので、これから先、時間をかけて多くの人の話し合いの中で良い方向に持っていかないといけないと思います。
まず、隣国を納得(?)させないといかねいですしね。

しかし、ネット上では隣国に関した記事が幾つもありますが、どこまで本当なのか図りかねることが多々あります。
人間の書いた文章ですので、書き手の憶測や感情も少なからず混じっているかもしれませんし、全てを鵜呑みにすることは危険だとは思います。
しかし、それでもそこまで言われる国ですので、どうしても "解決" という結果がちゃんとあるのか疑問に思ってしまいます。

外相一人で解決すべき問題ではないと先に述べましたが、やはり "外相" ですので、問題解決には今後彼に大きな責任がかかってくると思います。
非常に難しい問題ですが、がんばってもらいたいです。



次期首相は、阿部氏でほぼ確定的と聞きますが、ちゃんと麻生外相も候補に残っているので、私個人としては推したいですね。
個人で推してもどうにもならないですが、ほんと、応援してます。
スポンサーサイト
ニュース | 13:59:34 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
とうとう出ちゃったね
うわさは本当だったよ。
http://himitsu.ath.cx/4
2006-02-08 水 22:36:43 | URL | ゆう [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。