■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
使用感など
240X使ってみて、感触など


まず、キータッチが素晴らしい。

形はThinkPad従来のものとは違うんですが、かなり固めで(570Eのような、それより硬いかも)軽快に打てます。
ただ、ThinkPad従来のものとの最大の違いはキーピッチの狭さで、これはどうしょうもありません。

しょっちゅうミスします。
特に "A" と "F8" 、 "。"を頻繁に。

A は、対策として、左手の小指をずっとつけておくという方法で解決しましたが、ほかはもうどうにもなりません。
普通、左手の人差し指を"F"に、右手のそれを"J"に置いて感覚を掴みますが、この場合は"A"のほうが都合がいいです。

あと問題といえば、Enterキーが今にも取れそうにぐらついていることでしょうか。
なぜかぐらぐらです。

おそらく前の持ち主が激しくEnterを叩く人だったんでしょう。

あと、当初の心配だったSVGAの解像度ですが、快適です。
10.4インチなので、これくらいの解像度が丁度です。

ここまで問題がないのも驚きですが、これは間違いなく名機です。
s30欲しさも吹っ飛びました。

しばらくこれを愛用するでしょう。

HDDの動作音もほとんどしませんし、無線も何故か300KB/s以上出ています。
ちなみにメインマシンが、20~200KB/sと不安定、サブマシンが150~200KB/sで安定なので、これは重要です。
WEBページを一番軽快に開けるのはこれです。

今日一日で、各ソフトをインストールし終え使える状態にこじつけました。
FLASHPLAYERがまだですが、これは無理に入れずともw
VRAMが2MBなので、FLASHの再生ができるかどうか微妙です。


しかし、Celeronもこの時代は優秀ですね。
Mendcinoコアのころと、Tualatinコアが一番Celeronが輝いていたといわれていますが、Coppermineもやはり輝いています。

MendcinoとTualatinは本当に性能が良かったので(レイテンシを除けば同クロックのPentiumと同等)、良かったのですが、CoppermineはやはりPentiumとは張り合えません。
しかし、デスクトップならOC耐性が強く、二倍とかで軽く回ってたので重宝されていたようです。
ノートでは、必要十分な性能に低発熱です。
高クロックはそうもいきませんが、低クロックではまさにそれです。

CeleronMは性能は良いようですが、やはり熱いようでCeleronMよりはSempronとなってしまいます。
実際CeleronMはかなり性能はいいのですが、最近のCeleronには抵抗があります。

PentiumM、CeleronMを開発したイスラエルチームには敬意を抱きますが、ちょっと高いです。Intelさん。

Yonahの性能にも期待ですが、公称の性能ではなく、実際に使ってみての性能がどうなのかwktkです。

公式のベンチマークでは、Yonahの最高版=Athlon64 FX60と妥当な線いっているようですが、何故か特出したベンチがいくつかあるそうで、実際にどうなのか疑問です。

自分のなかで、PentiumMは、PentiumⅢの高クロック版という位置付けなので(殆どのひとがそうかと思います)、Yonahには期待です。
Pentium4は悲惨な結果だったので、本当に今回でIntel巻き返し期待しています。
そうすればAMDも良いものを開発or低価格路線となるので、どうちらとしても良い結果となります。

Pentium4は、ネット上でもいろいろ言われていますが、実際に使ってみてまさに何だこれでした。

ベンチの結果がクロックに比べて低すぎる・・・
今までPentiumⅢやAthlon系ばかり使ってきたのでカルチャーショックでした。

だって,AthlonXP 1.8GHzのSuperPI 104万桁が1分丁度で
Pentium4 2GHzのSuperPI 104万桁が2分でした。

FSBだってメモリだってPentium4のほうが上なのに!!!!11

まあ、BartonコアとPentium4を戦わせたほうが無理があります。

Bartonは当時、AMDがFSB533 Northwoodの対抗馬として投入したコアです。
当時は、発熱でも性能でもAthlonの圧勝だったと記憶しています。
それにAthlonは安かった。

それから、FSB800 NorthwoodをIntelが投入し、発熱でも性能でもIntelがAMDと並び、"異常に高いクロック"がでてクロックしか見ていないユーザーがPentiumを買う構図になりますが、このクロックは性能に見合わないものでした。

それから、AMDがSoket754投入、IntelがLGA775投入、AMDがsoket939投入で、デスクトップは90nmプロセスのAthlon64圧勝でした。

そして、AMDがDualCoreを開発&投入し、Intelは対抗馬にPentiumDと投入、Intel衰退路線まっしぐらです。
それからAMDがFX57、FX60投入し、IntelがついにYonah投入。←いまここ


これからどうなるか傍観です。
GPUでもおよそ同じようなことが行われている気がします。

古参のATi=Intel、爆熱、ベンチ最適化組
新参のnVidia=AMD(古参ですがw)、性能組
我道のMatrox=C3 ???組
という感じでしょうか。

ATi&Intelの組み合わせは、昔は低発熱でメーカー製によく導入されていました。
最近では爆熱の代名詞です。
nVidia&AMDは、昔は爆熱でしたが、最近ではゲーマー御用達の高性能です。

MatroxとC3(C7)は使ったことがないので性能云々は言えませんが、我道を行く感じがします。
Matroxは一度使ってみたいです。

PentiumⅢ-S DualにMatroxのMilleniumG550くらいを合わせて一台欲しいところです。

最近Coppermineが好きになりました。
集めてみましょうか。

CPUはオブジェクトとして非常に優秀です。
買ってきて、磨いて、飾る。
最高の使い方ですね。

ThinkPadでそれをすると非常にお金がかかるので、CPUでやってみましょうか。
場所も取らないので良さそうです。

では
スポンサーサイト
パソコン・デジカメ関連 | 01:57:45 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
オススメHPを紹介します!
HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
2006-02-01 水 14:46:37 | URL | サガミ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。