■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペンティアムフォー
Pentium系のCPUは結構使ってきましたが、Pentium4は初めてなのです。


PenⅢ、PenⅡ、MMX-Penはかなり使ってきましたが、Pentium4は今まで使ったことがありませんでした。
しかし、やっと使う機会が訪れたんですが、モバイル版という変化球で自作初のPen4機が誕生したわけです。

そして、今低格1.8GHzのPentium4-Mをオーバークロックして1.8GHzで使っています。
訳判りませんね。

モバイル版のPentium4は、倍率可変なのでたとえば1.8GHzなら12倍~18倍をSpeedstepによって行き来します。
しかし、M/BがSpeedstepに対応してないと、12倍固定という現象がおきてしまいます。

まさにそれで、FSB400のPen4なので、100*12で1.2GHzが定格というふうにBIOSに認定されました。
これでは本当に、PentiumⅢから換えた意味がなくなるので、オーバークロックしました。

もともと1.8GHzまでは余裕でいく石なので、一気にFSBを上げてみます。

定格は100*12
メモリをDDR400(200MHz)に換えて、OC。
まず、133MHz。FSB533のNorthWoodと同程度までOC。
これでこけたらショックでしたが、難なくクリア。

SuperPI 3355万桁もクリアし、次のステップへ。

そして166MHzに挑戦。
166*12なので2GHzです。
これくらいいくだろうな、と思ってたらアウト。
OS上がらないとかじゃなくて、BIOSがおかしくなりました。
設定画面まで行けなくなったので、CMOSクリアして再チャレンジ。
控えめに160MHz。

これまたアウト。

この後、いろいろやってみて、150MHz(1.8GHz)が一番良いことが判りました。
これ以上だと、3355万桁クリアせずきりきりのところ。

多分、CPU自体は、2.2GHzくらい回ると思うんですが、M/Bのチップセットをはじめとしたものがついてきていないようです。
意味無いと判っていても、FSB800対応のものを買えばよかったと今思います。

150MHzなので、CPUのFSBは600MHz、メモリはDDR300動作。
既に、M/Bが限界のようで。

メモリは、DDR400までは必ずいきますし、CPUも発熱的にはもっといきそうな・・・
シバキしても50度前後ですし。

機会があれば、FSB533のNorthwood2.8Cくらい欲しいですが、今更感は否めないので多分買いません。
次組むなら、AMDのSoketM2か、また変化球でモバイルCeleronでもいきます。
それかSempronも良さげです。

あえてPentiumDというのも楽しそうですが、電気代が怖いです。
PenDにもHTT効くなら特攻したいくらいなんですが。

仮想4CPUですよ。
クワッドオプテロンの気分を味わえます。
体感はできません。

延々とタスクマネージャ眺めてたいですね。

デュアルコアといえば、Yonah発売で既にThinkPadもT60、X60が発表です。
発売も近そうです。

早くT43p欲しいんですが、どこにもお金がないんです。

何の話かわからなくなってきたので切ります。
では
スポンサーサイト
パソコン・デジカメ関連 | 22:05:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。