■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
X22です
最近、ほんっと私事ばかりですみません。
ちょっと、PC環境整えなおさないとデスクトップマシン使う気にならなくて、TP持ち歩いて家の中の至る所でネット見てるという状況です。

結果、ニュースとかの更新マンドクセ。。。




X22が主流なんですよ。

で、X22はめちゃくちゃもっさりマシンだったんです。
SpeedStepが常時効いていて、ACアダプタ繋いでも466MHz。
バッテリ駆動では466MHz以下。

どれくらいもっさりかというと、フォルダ開くのに数秒かかります。
右クリックなんてWin95に戻ったかのような感じです。

が、IBMのサポートからSpeedStepサポートドライバ落としたらあら不思議。
フルで回せて(733MHz)もっさりなんてなくなりましたよ。

ブラウザ開くのも一瞬です。
Sleipnirクリックしたら次の瞬間には開かれている状態。

正直、ここまでの性能だとは思ってなかったのでびっくりです。

しかも、バッテリ駆動時には落とせるだけクロック落とすのでバッテリはかなり持ちます。
推定五時間以上。

IBMとしては優秀です。
PanasonicのLet'noteなどには遠く及びませんが。

それがサブバッテリなしで実現するのが嬉しいです。

ただ、クロックは230MHzまで落とすので速さはもっさりです。

SpeedStepを効かせると、
FSB 133→66 MHz
倍 5.5→3.5
となるようです。(最大利用時)

なんというか、MMX-Pentiumに匹敵するクロックです。
性能は上ですが。



ちょっと冒険もしようと思っています。
新機種購入できていなくて、なんというか意欲の行き場がないので、A22eとT23をくっつけてみようかと。

T23はマシンパワーはありますが、液晶とキーボードが×です。
A22eは液晶とキータッチは良いんですが、マシンパワーがありません。

なら二個一しようじゃないか。

幸い、A2x(除A20x)、A3x、T2xシリーズのキーボードは同じなので、キーボードは問題なく換装。
液晶は、14.1inと13.3inで違いますが、T23にも14.1inモデルがあったと思うので(わかりませんが)、気合で合わせてみます。

T23が使えるようになったら感激です。

ついでにPentium4乗せられないかとも思いますが、チップセットの関係上無理なはずです。
一度突撃して失敗しましたし。

ただ、前に突撃したとき、起動しなかった最大の理由はメモリの相性だったので、ひそかに希望を持っています。

今日の午後にでもあわせてみたいと思います。

完成予想スペック。

液晶:13.3in(画質悪)→14.1in(画質良)
CPU:PentiumⅢ-M 866MHz(→Pentium4 1.8GHz)
MEM:256MB→386MB(使えそうなら512MB)
他:キーボード換装

ゆくゆく、A30が手に入れば、CPUをPentiumⅢ-Mの最高クロックの1.2GHzにしようと思っているので、一足先に購入してT23に載せてもよさそうです。
9800円ほどまた飛びます。
この際なのでHDDも新調しましょうか。
では、これにて
スポンサーサイト
パソコン・デジカメ関連 | 12:12:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。