■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
OC?いやDC?
OverClockしてみました。
いつのまにかDownClockに嵌っていました。

今は定格です。
本当にありがとうございました。


きっかけは、Superπのベンチスレ見てて、みんな凄かったのでよっしゃここはOCして参戦しよう、と言う感じでした。


で、無論メインマシンを使ったのですが、散々晒した構成。
CPU:Athlon64 3700+ SanDiego
MEM:SAMSUNG純正 1GB (512+256+256 非DUAL)
GPU:GeForce6600GT 128MB版
M/B:GYGABYTE KT800 nForce4 Ultra

定格(FSB200*11.0)では104万桁が42秒、419万桁が3分36秒でした。

さてオーバークロックです。
ワクワクテカテカしながら弄ったんですが、流石GYGAです。

FSB220で、OS上がらず・・・

倍率下げたりしても無理でした。
FSB210で、なんとか上がりました。
かなり安定。

そして、π焼き開始。
104万桁 40秒
419万桁 3分30秒

104万桁で、30秒台にも届かず失望。
恐らく、CPU以外に問題有りでしょうが、マンドクセなのでいろいろして見ませんでした。

FSB260程度は通ると思っていたのでかなり落胆しました。
電圧上げてもOS起動さえせず。


ここで、電圧下げを試してみました。

まず定格の1.4Vから1.325Vまで落として定格起動。
これは通りました。

そして、1.175Vまで一気にさげて定格起動。
これは通らず。

1.125Vで、倍率を9.5にして起動。
これはOK。

1V切ってみたくなったので、0.95Vで、倍率を7.5にして起動。
上がりました。
これでなんとなく満足しました。
安定してましたし。

1500MHz(FSB200 7.5倍 0.95V)のπ焼き結果。
104万桁 52秒
319万桁 マンドクセ

でしたが、私の用途からすると、2GHより下げるとちょっと困るので、定格に戻して起動。
これで運用します。

激しく意味のないことでした。

とりあえず、Gigabyteは安定してますが、OCには向かないようです。
それとも、私の石が外れだったのでしょうか・・・?

とりあえず、次があったら、豚2500+があるのでこれでOCしてみようかと思います。
豚はOC耐性が強いことで有名ですし、期せずしてOCママン手に入れてますし。

なんか実のない更新ですが、これにて
では
スポンサーサイト
戯言 | 00:46:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。