■プロフィール

街のプーさん

Author:街のプーさん
夏休みは終わりですが
私は秋休みに入ります。

『休み』はまだ終わりません

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
UD終了
有名な分散コンピューティングのプロジェクトの一つ、「UD」が4月27日金曜日で終了。
開始当時のスーパーコンピューターでは10万年かかるといわれた、がん、白血病の原因となるたんぱく質の解析をしていました。

何を持って終了としたのかの情報はまだ知りませんが、一区切りついたのだと信じています。
参加する目的は人それぞれだと思いますが、私はPCを安定動作ための指標として、ベンチマーク感覚で常時回していました。
CPUの使用率が常時100%となるので、CPUからの発熱はアイドル状態と比べると数倍となります。
その状態で24時間起動していても安定動作し、数ヶ月の使用に耐えうる騒音と耐久性を持ったPCにするということで、解析した結果が人の役に立つのかどうかはあまり気にしたことはありません。
むしろ、解析時間やポイントを少しでも稼ぐということにこだわっていましたし、夢のあるゲームとでもいいましょうか。
それでもそれが何かの役に立ってくれればとは思います。

この次もたんぱく質の解析のプロジェクトへ参加しようと思っています。
RadeonX1xx0シリーズを数基所有しているので、Folding@HOMEあたりに移住を計画していますが、2chのラウンジではBOINCのWCGという流れのようで、あえて2chの流れについていく必要はないと思っていますが、やはり迷いところです。

続きでは、ニュー速+板と自作PC板のスレから幾らかの発言を引用しようと思います。

続きを読む >>
スポンサーサイト
ニュース | 02:20:34 | Trackback(0) | Comments(0)
米にて、"マジック"で犯人逮捕
米人気マジシャンが強盗を手玉

非常に勇敢なマジシャンですね。

>それでも「冷静に振る舞うのがマジシャンの仕事だから」と、

マジシャンと言うのは肝が座っていないといけないのでしょうか。
この人が特に勇敢だったのだと私は思います。

ニュース | 15:38:02 | Trackback(0) | Comments(2)
次世代Windows、来年発売発売
Windows Vistaが来年一月以降、順次発売が決定とのこと。

私はもちろん、64bitのものに人柱特攻する予定です。
所謂、ヒトバシラ-です。
間違っても64bitはダメです。32bitのほうが、いろいろと楽です。

><ビル・ゲイツ会長>次世代ウィンドウズ、予定通り来年発売

コメントはこれだけ。


>(略)、予定通り来年発売
Nice joke!

ニュース | 22:12:17 | Trackback(0) | Comments(1)
相撲部屋に男が侵入→力士が取り押さえ
久々にニュース更新です。

>力士が泥棒逮捕の大金星 相撲部屋に男が侵入

出羽の郷が相撲部屋に盗みに入った男を取り押さえ、逮捕に貢献したというニュースです。

泥棒は、
>「盗み目的で侵入したが相撲部屋の合宿所とは知らず、いきなり力士が現れて驚いた」
と、突発的というか、ふらっと盗みに入ったような感じですね。

力士に羽交い絞めにされたということで、盗人のほうも怖かったでしょう。
悪いことはするものではありません。

来場所の出羽の郷の活躍に注目です。

ニュース | 10:38:32 | Trackback(1) | Comments(0)
麻生外相、現状では天皇陛下に靖国参拝は望んでいないと発言
ローゼン大臣こと(違)麻生太郎外相が先日、天皇陛下に靖国神社を参拝を求める発言したことについて、現状では望んでおらず、将来的な課題であると釈明した。

>現状で天皇靖国参拝望まず 麻生氏、将来の課題と釈明

麻生外相は、ローゼンメイデンや漫画云々に関わらず注目しています。

今回は靖国問題に関することです。
この人の言うことは本当に的確だと思います。

先の発言について、

「隣国からの変なわだかまりもなく、政府代表はもちろん陛下も、国のために尊い命を投げ出した方に感謝、敬意を自然に表することができるようにするにはどうすればいいか問題提起を行った」


と言っています。

確かに現在は隣国と "変な" わだかまりを抱えています。
そして、
>敬意を自然に表すことができる
これはとても重要だと思います。

そして、この記事の最後の

「(略)、多くの方々の意見があるから、私一人が『これが答え』と言っても通じる話ではない」


このひと言に尽きるでしょう。
靖国問題は国家としての問題なので、外相と言えど個人で決められることではありませんし、何より国としての総意が大切だと思います。

靖国問題は外相一人の判断で解決すべきことでは絶対にないので、これから先、時間をかけて多くの人の話し合いの中で良い方向に持っていかないといけないと思います。
まず、隣国を納得(?)させないといかねいですしね。

しかし、ネット上では隣国に関した記事が幾つもありますが、どこまで本当なのか図りかねることが多々あります。
人間の書いた文章ですので、書き手の憶測や感情も少なからず混じっているかもしれませんし、全てを鵜呑みにすることは危険だとは思います。
しかし、それでもそこまで言われる国ですので、どうしても "解決" という結果がちゃんとあるのか疑問に思ってしまいます。

外相一人で解決すべき問題ではないと先に述べましたが、やはり "外相" ですので、問題解決には今後彼に大きな責任がかかってくると思います。
非常に難しい問題ですが、がんばってもらいたいです。


続きを読む >>
ニュース | 13:59:34 | Trackback(0) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。